RADWIMPS

RADWIMPS 3.11東日本大震災追悼曲まとめ

こんにちは、さいちゃん(@saichans_b)です。

2011年3月11日に起きた東日本大震災。 そして、その2日前の3月9日に「絶体絶命」というアルバムをリリースしたradwimps。野田洋次郎さんは、東日本大震災後に仲間を集い、震災にあった人々のために日本のために「糸色-いとしき-」を立ち上げました。

「絶体絶命」=「糸 色 体 糸 色 命」=「愛しき体 愛しき命」です。

2012年から彼らは震災の日にHPに曲を公開しています。彼らにできることはこれしかないと。震災の日のことをけして忘れないように、その思いを絶やさないように。発表された楽曲、その全てが名曲です。

そして2021年には、震災から10年の節目にアルバム『2+0+2+1+3+1+1= 10 years 10 songs』がリリースされました。合わせて紹介していきたいと思います。

 

『白日』(2012年)

白日 RADWIMPS

2012年3月11日公開「白日」

野田洋次郎氏のコメント一部抜粋

今日新曲が完成しました。 あれから一年経つこの日をどう迎えるかずっと考えてたらどうしてもこの曲を録りたくなって、昨日の昼にメンバーに連絡しました。 どうしてもこの日に演奏して歌いたかった。 そしてついさっき完成しました。 2012年3月11日生まれ。名前は『白日』。 とても荒削りで不格好だけど、間違いなく僕たちの新たな大事な子供。 この曲をYouTubeにアップします。 産まれたばかりの姿を聴いてください

胸を強く打つ歌詞ですが、最後のサビは特に響きます。

「今すぐ飛び出してよ あの人の上に立ってよ 渡しそびれたさよならは 誰に運んで貰えばいい 交わしかけの約束は 誰と果たしたらいい そもそもこの声はさ ねえどこに向かって 歌えばいい すべての今までの 喜びが嘘になっても 戻らない君ならば せめて出会えたこの 喜びを」

野田さんの歌う言葉一つ一つに、震災で失われた命への思いを感じます。忘れてはいけない日、それを思い出させてくれます。

 

『ブリキ』(2013年)

ブリキ RADWIMPS

2013年3月11日公開「ブリキ」

野田洋次郎氏のコメントの一部抜粋

名前は『ブリキ』といいます。 やっぱり自分たちにできること、したいことはこれしかないや。 ぜひ聴いてください。 一年前から、どれだけのことが変わったんだろ。 
たくさん変わったようで、何も変わってない気がする。毎日を日々こなして、自分と世界を新しくしていくのは大事だけど、 この日くらいはただただ思いだす日でもいい気がする。最後に、二年前の震災で亡くなったすべての命に、 そして今もなお被災し続けるすべての人の心に、合掌。 

 

「もう少ししたらね もしかしたらね 全てが幻だったのかもね なんて笑える日がくるからね」と歌います。辛く、苦しい日々、なんとか生き抜いてほしい、いつかまた笑える日がくるから、そう思います。

 

『カイコ』(2014年)

カイコ RADWIMPS

2014年3月11日公開「カイコ」

野田洋次郎氏コメント一部抜粋

今日であれから3年。もう3年。やっと3年。まだ3年。 何かを変えられるのは、今生きている人たちだと思う。 あの出来事に意味を与えられるのも。無かったことにするのも。 あんな痛みをともなって蒔かれた種なら、せっかくなら、ちゃんと咲かせたいと僕は思う。

 

動画の冒頭のノイズのように入っている部分、これは歌詞の「後はもう壊れるだけ」のを逆再生したものです。「後はもう壊れるだけ」この言葉を逆再生する意味、それは世界が再生していくことを意味するRADのメッセージなのでしょうか。そうだとしたら、それはとても素敵なことだと思います。

 

『あいとわ』(2015年)

あいとわ RADWIMPS

2015年3月11日公開「あいとわ」

野田洋次郎コメント一部抜粋

今年もこの日に曲を作りました。タイトルは『あいとわ』。ぜひ、聴いてください。あれから4年が経ちました。もう二度とあの日を思い出したくない人。大切な人のことを忘れたくない人。今でも大事な人の帰りを待つ人。新しい生活に向かう人。その間を行き来する人。誰ひとり間違ってないし、自分だけが決めることのできる意志だと思う。僕はどれだけ分かろうとしても分からないし、分かった気になんてなりたくない。どれだけ手を伸ばしてもそっちにはいけないから、せめて自分の場所からあの日の出来事、眼に映る出来事と向き合い続けたいと思う。

 

歌詞の「君の涙をいっぱいにためたその笑顔は何故にそれほど美しい 身の丈を遥かに越える痛みの波を浴びて それでもなお笑うからでしょ」という部分は胸に突き刺さります。透き通る野田さんの歌声が優しく心を救うよう。

 

『春灯』(2016年)

春灯 RADWIMPS

2016年3月11日公開「春灯」

野田洋次郎氏コメント一部抜粋

原発の必要性の有無、様々なことが言われ物事は複雑に語られていきます。ただ、あの震災と津波だけだったら、今ほど復興に差が生まれ、地元に帰ることを諦める人は少なかったはずです。立ち入りさえ制限される区域は存在しなかったのです。『フクシマ』という言葉の響きが、2011年3月11日以前のものに再びなるには、あと何年かかるのでしょうか。

心配すること、ただただ復興を願うことしか相変わらずできない自分なので、また曲を作りました。『春灯』と書いて「しゅんとう」と読みます。
ぜひ聴いてください。

 

とても切ないメロディー、そしてとても切ない声で洋次郎は歌います。「逢いたい人がいるこの世界に 今日も目覚める 僕はきっと幸せですよ」と。最後のコーラスもとても素敵です。

 

『空窓』(2018年)

空窓 RADWIMPS

2018年4月8日公開「空窓」

野田洋次郎コメント一部抜粋

あれから7年が経ちました。今年も曲を作りました。3月11日には間に合わなかったのですが、今日発表します。曲名は『空窓』です。

昨年、福島県立浪江高校は3月31日をもって休校しました。その最後の卒業生の生徒さん達から文章を受け取りました。今年はそれを元に歌詞を書きました。

震災が起きた瞬間の気持ち、家族と離れる気持ち、残る人、離れる人、7年という時は10代にとってあまりにも大きな時間です。体験していない僕には想像することしかできません。できるだけその言葉から受け取った想いを、過不足なく音にのせようと思いました。ぜひ、聴いてください。

 

 

この曲は福島高校の卒業生の文章を元に歌詞を書いていますので、歌詞に震災関係の言葉がストレートに出てきます。歌詞はMVにも載っていますので、是非歌詞を見ながら聞いてみてください。当時の人々の思いを想像すると、涙が出てきます。

 

『夜の淵』(2019年)

夜の淵 RADWIMPS

2019年3月11日公開「夜の淵」

野田洋次郎氏コメント一部抜粋

普段の生活は不自由を味わった時にその幸せに気づきます。たった一つの電気が、あったかい部屋が、当たり前にそこにいる家族が、お風呂が、食事が、かけがえもなく幸せなことに気づきます。そんな小さいかもしれないひとつひとつのために僕たちは日々を生きているんだと実感します。

東日本大震災。今も数多く行方がわからない方がいます。そしてその帰りを待つ家族の方がいます。元の場所に帰れない方がいます。原発の修復、廃炉作業をするたくさんの方がいます。オリンピックももちろんいいけれど、なんだか色んなことに蓋をして、忘れてお祭りになるのだけは嫌だなと、思います。

8年が経ち、震災を知らない世代が増えていきます。残念だけど、きっと定期的に、どうしたって地震や災害は襲ってきます。僕たちの日常を奪っていきます。その度に、思いやって、思い合ってひとつになれる国であったらいいなと心から願っています。 最後に、震災で亡くなったすべての命に、今も被災し続ける方達に、合掌。

 

これは夜に聴くと一段と沁みる曲です。MVも「夜の淵」を表すように夜景から始まって、眩しいほどの光を連れて朝がやってきます。

「何のため生まれたのかわからない僕たちだけど 涙を流すためじゃないことだけはたしかさ それだけは確かだ」

ね。本当。それだけは確かだ。

 

『世界の果て』(2020年)

世界の果て RADWIMPS

2020年3月11日公開『世界の果て』

野田洋次郎氏コメント一部抜粋

期せずして2020年3月11日現在、世の中はウィルスという社会的危機の中にあります。情報が氾濫し、歪んだ感情も溢れているように感じます。人々の姿こそウィルスよりも脅威に感じる瞬間があります。何かのキッカケで一気に崩れ落ちていってしまうのではないか、そんな緊迫感があります。それでも、それだからこそ今年も変わらずあの3月11日に想いを巡らせ、そこに『今』の空気を混ぜて一つの曲にしたいと思いました。なるべく素直に、思いのままに作った結果今年はこのような曲になりました。絶望感がありながら、どこかそれは懐かしく優しいものに自分は感じたのです。色んな声があると思いますが、受け取ってもらえたら幸いです。

年々薄れていく記憶。それでも癒えることのない傷。新たに生まれる災害。すべての痛みに向き合っていたら到底心が追いつかない時代に僕たちは生きているのかもしれません。日々の小さな幸せに、眼を向けることを忘れずに生きたいです。

コロナウイルスの感染が世界的に拡大している中、迎えた9年目の3月11日。被災地で開催予定だった追悼式は続々と中止が決まり、政府も追悼式の中止を決めました。

自粛ムードが漂う日本。それでも、それだからこそ届けてくれたこの曲、世界の果て。世界の果てから向かうは”この世界からいなくなった君の元”。明日世界が終わるかもしれない。急に命は奪われるかもしれない。ならば君の元へいくよ。この世界にさよならを言って。

意図したように、3分11秒で突然曲は終わります。不安定な世界で、理不尽に明日はやってこないかもしれない。だからこそ、今をちゃんと生きなければならないと、そう思います。

RADWIMPS『世界の果て』感想。明日世界が終わるなら、君の元へ向かうと歌うのは。2020年3月11日(水)、今年もRADWIMPSが東日本大震災の追悼日に合わせて新しく曲を公開しました。タイトルは『世界の果て』。 ...

 

『あいたい』(2021年)

あいたい RADWIMPS

2021年3月11日公開『あいたい』

野田洋次郎氏コメント一部抜粋

今日で、東日本大震災から丸10年が経ちました。

今年も曲を作りました。『あいたい』という楽曲です。あの震災のことを想い、離れ離れになったいくつもの気持ちを思い描きながら出てきた言葉は、期せずしてこのコロナ禍を生きる僕たちにも通じる想いとなりました。

この10年間の楽曲というのは僕にとってラブレターのようなものだったのかもしれません。返事のこない、一方的に書いたラブレター。毎年3.11が近づくと僕はなぜだか無意識にギターやピアノに向かい、あの日を、被災した人々や土地を想い、歌詞を書き、メンバーやスタッフや島田さんに声をかけ、楽曲にしてきました。ある時は悲しみ、ある時は慈しみ、ある時は苛立ちや絶望に感情が振られたこともありました。でも良いも悪いも、人間はずっと同じ感情ではいられません。その仕組みを最大限生かして、未来になんとか希望を繋げて生きていきたいと強く願っています。

 

10年の節目に発表された楽曲は、『あいたい』。

この曲を聴きながらyoutubeのコメント欄を見てたら涙が流れてきました。「涙が出るくらい会いたいです」「会いたいよ、ずっとずっと会いたいよ」それぞれの10年がたった今も、ただただ会いたい。それだけです。ぜひ聴いてください、ストレートに胸が打たれる曲です。

 

『かくれんぼ』(2021年)

Hakujitsu (10 years Version)

東日本大震災10年 特集ドラマ『あなたのそばで明日が笑う』主題歌。

野田洋次郎氏 コメント

今回、「あなたのそばで明日が笑う」の主題歌をつとめさせて頂きました。
被災した方、大事な人を亡くされた方、生活が一変した方々にとって10年というのはただの記号にすぎないと思います。直接被災することのなかった僕ら自身この10年、あの震災とどう向き合ったらいいのだろうかという葛藤の10年でもありました。その中で唯一できることである音楽で毎年、発信を勝手ながらさせてもらってきました。
今回頂いた脚本の中のいくつもの言葉が胸に響きました。僕たちの知り得ない本当の声のように聴こえてきました。それらをたよりに音楽を作らせて頂きました。観てくださる方々一人ひとりにとって、この先の未来に何かしら光の射すドラマになることを願っています。今回お声がけ頂き、ありがとうございました。(RADWIMPS 野田洋次郎)

 

3.11に合わせて製作された楽曲とは別に、10年という節目に放送されたドラマ『あなたのそばで明日が笑う』(綾瀬はるか、池松壮亮 主演)の主題歌のために書き下ろされた楽曲です。

 

アルバム「2+0+2+1+3+1+1= 10 years 10 songs」

これまで3月11日に向けて発表してきた楽曲8曲に、新曲2曲を加えた全10曲を収録した、10年間の定点観測で生まれた、壮大なコンセプトアルバムが発売されました。

リリース3形態のうちBlu-rayとDVDには、10年間RADWIMPSと想いを共にしてきた島田大介氏による、YouTubeで公開されてきた映像作品も収録されています。
アートワークにも、島田大介氏自ら被災地に赴き撮影した、震災当時と10年後の今を鮮明に切り取った写真の数々が収められています。

そしてこのアルバムの利益は日本赤十字社、自治体などに全額寄付され、日本全国で起こる自然災害などの支援活動に充てられます。

ずっと震災に寄り添い、想い、考えてきたRADWIMPSが音楽で貢献することの偉大さを感じます。言葉だけでなく、行動することができ、震災の被害に尽力できるRADWIMPSを本当に尊敬します。

 

もしかしたら、3.11に合わせた楽曲の製作は10年の節目のこのアルバムをもって終わるのかもしれませんし、毎年ではなく単発的に製作するかもしれません。いずれにせよ、ラッドが震災を忘れないように、被災した人の想いに寄り添う姿勢は変わらないように思います。

 

▼関連記事

RADWIMPS 人気曲20選! 必聴ベストを選ぶならこれだ!もはや国民的ロックバンドになってしまったRADWIMPSの中でも特に人気の高いおすすめ曲を20曲紹介します。昔の曲から最新曲まで網羅してるので古参ファンから新規ファンまで楽しめる珠玉の20曲をどうぞ。...
RADWIMPS 名曲20選!琴線に触れる歌詞とメロディーにどこまでも酔いしれてほしい名曲揃いのRADWIMPSの楽曲を20曲選びました。その時の気分や感情で響く曲はそれぞれだと思いますが、それでもこれはやっぱり聴いてほしいと思うオススメ曲。初期曲から最新曲まで網羅してます。...
RADWIMPSの恋愛曲・ラブソング20選RADWIMPSの真骨頂とも呼ぶべき恋愛曲を20曲厳選しました。ボーカル野田洋次郎さんの実体験を元に作られている曲も多いので、出会いや数度の別れも色々な曲の複数の歌詞に記されています。特にアルバム4枚目の曲たちは名曲が詰まってますね。初期から最新アルバムまで、選んだ曲たちを紹介していきます。...
RADWIMPS 結婚式におすすめな曲12選!それぞれに適したシーンもあわせて紹介!結婚式は一生に一度のメモリアル。だからこそ思い出のあるラッドの曲を使いたい、でもいざ流すとなるとどれがいいの!?と思う皆さんに、実体験を含めとっておきの曲を12曲選びました。ぜひ参考にしてください。...
【RADWIMPS】失恋ソング10選 胸を切り裂かれるラッドの真骨頂RADWIMPSはラブソングが多いですが、その中でも失恋ソングは野田さんの表現が心を強くエグってくるものがあり、一度聴くと無限に抜け出せない魔力があります。数あるRADWIMPSの失恋ソングをまとめてみました。泣きたい夜にどうぞ。...