邦画

『ナラタージュ』ネタバレ感想 葉山(松本潤)の愛は本当に恋ではなかったのか

今さらながらに2017年公開の『ナラタージュ』を観たんですけど、『ナラタージュ』とは映画用語で「ある人物の語りや回想によって過去を再現する手法」のことらしい。観終わってから調べました。というのも本作中で意味がわかるかと思ったらわからなかったので。でも観終わって調べて納得。確かにナラタージュだったなって。

 

映画の配給会社で働く工藤泉(演:有村架純)は、懐中時計を見て過去を回想します。その時計をくれた高校時代の教師、葉山貴司(演:松本潤)との思い出を。かつての恋人だった小野(演:坂口健太郎)のことを。会話以外で工藤の「語り」が多いこともあり、ナラタージュとはまさに。

以下、ネタバレありです。

予告

映画『ナラタージュ』WEB予告

 

はっきりしない葉山を断ち切れない工藤の恋心

工藤は高校三年生の時、仲が良かった友人が転校してしまったことで孤立してしまい、イジメを受けるようになります。プールに制服で落とされたとき、どう見たって不自然だしそれをあの体育教師は「工藤が悪い」と決めつけたから完全に最低でしたね。そしてそれを全力で庇ってくれた葉山先生はそりゃカッコいいわ。そりゃ惚れるわ。

 

二人はそれから共通の映画の趣味の話などで仲良くなるんですけど、葉山が物の見事に煮え切らない。

「先生の助けになりたい」と工藤が言ったら「自分の幸せをちゃんと見つけてよ。その方がいい」と返すし、風邪ひいた工藤のところにわざわざ看病しにきたとき、「気がないならどうしてこんなに優しいことするんですか」「先生は私の気持ち知ってましたよね」「私のことどう思ってるんですか」という工藤の鋭い攻めに対しては「現実に立ちかえれば僕とのことが負担になると思った」「風邪が治ったらまたゆっくり話そう」と逃げる。いや、

 

葉山先生!?はっきりして!?工藤がかわいそうでしょ!?!?

 

ってなるじゃないですか。キープしたいのか貴様あぁあぁああ!?ってキレられてもおかしくないじゃないですか。

そもそも葉山先生、工藤に奥さんとは別れたって言ってるんですよ。工藤にまったく気がなかったらそんな嘘つかない。工藤はそれを信じていたし、葉山先生と両思いになれないと完全に割り切ることができない。そしてこの時、誰も知らない先生の過去を共有したということで工藤は嬉しかったでしょう。一歩前進したと思ったことでしょう。

もし、仮にまだ別れていないと先生が言っていても、この時点では工藤は諦めなかったと思うけれど、それでもやはり嘘をついた罪は大きい。叶わない恋なら、そして教師と生徒という立場上であるなら尚更、早めに終止符を打ってあげるべきだった。

なのに卒業式の日に不意打ちでキスする奴だから、葉山は。

これはあかん。もう。

 

そして大学二年の春?夏?まで一度も連絡しなかったのもあかん。そして忘れた頃に結局連絡するのもあかん。

事情を知っているのが工藤だけとはいえ、義父さんにあって困惑して車の中で酒を飲んでかえれなくなって連絡するのもあかん。深夜に「君と話したくなって…」ってメンヘラ的電話するのもあかん。ぜんぶあかん。

 

工藤にとったら困ったものですこれは。片思いの相手が本当に困ってる時に自分に連絡が来るのは、都合がいい女と思われてるんじゃないかって考えつつも、それ以上に特別感の嬉しさが上回る。ダメならダメではっきりしてほしい。中途半端に優しくしないでほしい。希望を持たせないでほしい。でもはっきり断られるのは、もっとやめてほしい。…そんな切ない恋心を感じました。

工藤の心が自分に向いていないことで狂気の小野くん

本作の見所のもう一つが、狂気の小野くん。一見爽やかで、優しくて、頼りになって、そんな好青年が付き合い始めると豹変する狂気さを見せてくれます。いやこれは演じた坂口健太郎お見事です。いやいやいやこわすぎやろ…って素で声出ましたもん、僕。

小野くん怖エピソード① 「携帯見せて?」

夜中の葉山からの電話で工藤を疑う小野くん。「なんでもなかった」「小野くんと付き合い始めたことを言ったらすぐに切れた」と言うも、「携帯見せて?」と当たり前のように言い、さらにしつこく追求する。何を言っても疑心暗鬼の小野くん、最後には「黙れよ!」と声を荒げ、雰囲気最悪な中セックス強要。これはもうレイプですね。

 

小野くん怖エピソード② 工藤の緊急コールに「迎えにいったらもっと好きになってくれる?」

夜道でトランクケース引いてる男についてこられる恐怖の中、小野くんを頼りに電話したとき放たれた一言。さらに「三ヶ月付き合って”小野くん”はないだろ」「本当は俺のことなんか好きじゃないくせに困った時だけ頼んなよ」と「今それ言う???」ってツッコミ不可避の恐怖の小野くん。もうストーカー男より小野くんの方が100000000倍怖い。

しかも手帳に挟んでいた葉山先生への手紙を勝手に読んでいる恐ろしさ。付き合っていても、侵入してはいけないプライベートゾーンってのがある。さすがに度が過ぎてましたね。

 

小野くん怖エピソード③ 「ほんとに悪いと思ってるんだったらこの場に手をついて謝れよ」

極め付けは別れ際のこのセリフ。「あの先生がお前に何をしてくれたんだよ」「俺だって一生懸命だったんだよ」と超絶早口からのこれ。。しかもほんとに土下座させてからの抱き上げて「離さない」 いや無理あるだろ。普通に離れる。もう好感度逆転不可能。

さらに追い討ちをかけるように「靴脱いで行けよ」。いや、お見事でした。最恐でした。ありがとうございました。すごい俳優さんなんだな、坂口健太郎。

 

葉山の工藤への気持ちは本当に恋ではなかったのか

葉山は母親とうまくいかず苦しめてしまったことでずっと自責の念に駆られていました。実家の庭の倉庫を焼いて、母親のいる家まで燃やそうとしていたことを知ってもなお、少なからず助けてやれなかった自分が悪いと思っていた。学生時代からの付き合いという情報しかないけれど、奥さんのことはそれでも好きだったんだと思います。だからこそ落ち込んでいた。

そんなとき、工藤と出会った。何気ない、楽しい日々を過ごすことで救われていった。

 

小野と電話で喧嘩した工藤が葉山の元に行った時、「私が小野くんと付き合ってることを言った時、先生は平気そうだった」「平気なわけないだろう!」「じゃあなんなんですか!」という会話は、工藤も悔しかったし、葉山も自分の気持ちがはっきりわからない悔しさがあった。でも妻帯者が工藤のことを好きだと言う資格もない。

 

最終的に、葉山先生は東京に戻り奥さんと寄りを戻すことを決めます。そしていよいよ言うんです。君に救われていたと。でも、恋ではなかったと。工藤はもう受け止める覚悟ができていたんだと思います。それでも最後、二人の想いを一つの形にしたかった。葉山の部屋で二人は体を重ねます。

これね、まぁ賛否両論あると思う。「いや結局セックスするのかよ!?葉山先生奥さんのとこ行くって決めたばっかじゃん!」って言いたくなる気持ちもわかる。

でも僕は、ここで二人がセックスするのは、一つの区切りだったんじゃないかと思うんです。二人は恋人にはなれなかったけど、けして教師と生徒の枠にも、友人の枠にも収まる関係ではなかった。別々の道を歩むことに決めても、互いにモヤモヤして心が晴れない関係を浄化させるには、一つの諦念を昇華させるためには、セックスが必要だったんだと思います。

 

葉山は恋ではなかったと言うけれど、僕はやっぱり恋だったと思う。教師と生徒という立場、自分に妻がいるという立場から、振り切れなかっただけ。工藤に抱いた感情は紛れもなく恋だったと、僕は思います。

 

いやぁそれにしても、やっぱりいいですね。行貞監督の作品は。

言葉を使わずにどれだけ人を魅了できるのか。どれだけ人の心を震わせられるのか。そういうことを行貞監督の作品からはひしひしと感じます。言葉のないシーンで映像、音、演出、表情で登場人物の感情が読み取れるように伝わる空気を生み出せる作品が好きです。

 

▼行貞監督の名作はこちら

『窮鼠はチーズの夢を見る』ネタバレ感想 大伴は椅子に座って今ヶ瀬を想う。登場人物全員が苦しみを味わう物語いや、甘くみてた。公開初日とはいえコロナ禍でもあるし平日金曜日の昼間だし、まぁ時間ギリギリに行ってもチケット取れるだろ、くらいの甘々な思...
映画『劇場』ネタバレ感想 途方もない脱力感に襲われ、胸が締めつけられるこの作品は、ほぼ全てを山崎賢人と松岡茉優の二人にスポットを当て、互いの周囲との関係がほとんど見えなかった。だから主演の二人にすべて委ねられているといる状況で、ここまで観せたのは演出の素晴らしさ、二人の演技の凄さだと思う。今まで味わったことのない無力感と痛みを、感じる作品でした。...
『真夜中の五分前』【ネタバレ・感想解説】最後のワンシーンに心震える素敵な映画でした。この作品は最後の最後までどっちなのか明確にわからないまま終わるので、モヤっとしてしまう人もいるかもしれません。ですが、生き残ったのはルーランです。その理由を解説しながら感想を語っていきます。...