『名前探しの放課後』【ネタバレ感想・解説】いつかの本気が生み出したタイムスリップを信じたい

辻村深月作品は長編になればなるほど、読了の胸がいっぱいになる感覚が深く味わえるから好きです。本作『名前探しの放課後』も目一杯の長編なのですが、実は本作は『ぼくのメジャースプーン』のある意味続編とも言える作品なのでそこから考えるとより一層に深みが増します。

もしまだどちらも未読の方は、絶対に『ぼくのメジャースプーン』→『名前探しの放課後』の順番で読んでください。

 

というわけで盛大にネタバレしながら感想を書いていくのですが、本作は辻村作品ならではの伏線が非常に多く散りばめられています。気になった点はできるだけ網羅して自分なりに解説していきたいと思います。未読の方はご注意ください。

依田いつかは本当にタイムスリップしたのか

いつかのタイムスリップで始まるこの物語。突然3ヶ月後の未来から戻ってきて、そしてその未来では一人の同級生が自ら命を絶ってしまった。その暗くて絶望的な感覚を一度味わったからこそ、その自殺を止めたい。それがいつかが抱いた思いでした。

もちろんタイムスリップなんて現実にはありえませんから、事情を話された天木敬たちも最初は半信半疑でした。でも本人はいたって真剣だし、そんなファンタジーみたいなことを本気で言ってるということは逆に本当なのではないかなどと秀人は言ってましたね。

 

で、この問題のタイムスリップ。最後のエピドーグで明かされるんですが、実は長尾秀人の”力”だったんですね。これがね、『ぼくのメジャースプーン』を読んでないと完全に意味不明になります。

ーたとえばさ。今から三ヶ月後、自分が本当に気になってる女の子が死ぬって仮定してみよて。そうしたら、自然と誰か思い当たらない? そういうのがないなら、いつかくんの人生はすごく寂しいよ。

これは、『ぼくのメジャースプーン』の主人公「ぼく」の力なんです。

彼の師匠である秋山先生は「条件ゲーム提示能力」と呼んでいて、「Aという条件をクリアできなければ、Bという結果が起こる」、つまり「Bという結果への恐れと怯えから、必死になってAの条件をクリアしようとする」ことを相手に強制的に起こさせる能力を、「ぼく」は持っています。この時「ぼく」の名前は明かされていませんでした。

本作「名前探しの放課後」に登場する長尾秀人が「ぼく」だということは最後のエピローグでわかって、ハッとするのです。また彼の彼女である椿は、多くの人が下の名前だと誤認していたと思いますが、実は苗字。下の名前が史緒であることも最後のエピローグで判明します。

 

『ぼくのメジャースプーン』は「ぼく」と「ふみちゃん」の物語なんですが、『名前探しの放課後』の長尾秀人がぼくで、椿史緒がふみちゃんだったんですね。

これね、びびった。辻村深月はこの物語まで考えて『ぼくのメジャースプーン』では名前を出していなかったのかと思うと鳥肌がたちます。あるいはそうだからこそこの物語を思いついたのかもしれませんが、だとしても。

 

話を元に戻すと、つまりいつかは秀人の能力によって、「人生が寂しいのが嫌だから、必死になって三ヶ月後に自分が本当に気になっている女の子が死ぬことを仮定した」ことになります。そしてその女の子こそが坂崎あすなだった。

死の仮定がもはや仮定を超えていたからややこしいんです。実際にあすなが死んだ未来からやってくるという超次元的な話になってしまったから。

これは秀人も予期せぬ展開です。そもそもこの声の力は意図的に相手にかけるか、あるいは無意識に集中して本気でそう思わないと発動しないものなのですが、いつかにふみを地味だとバカにされたことで無意識に能力が発動してしまいました。でもさすがにタイムスリップといった超常現象まで起こさせることは秀人にはできません。しかし声の作用で或いはそういったことが起きたのかもしれない。少なくともきっかけになったことは間違いないと思います。

 

ではいつかが主張するタイムスリップは本当に起きたのか?

結論を言います。

 

わかりません。

 

拍子抜けさせてしまって申し訳ないですが、わからない理由を挙げていきます。

最初にエピローグを読んだときは秀人の能力でいつかがあすなの死を仮定してタイムスリップしたように自分の記憶を錯覚させただけかとも思いましたが、それにしては辻褄が合わないところがいくつかあります。

「秘密の花園」の看板

いつかが最初にタイムスリップだと気づいたのは、 PUB「秘密の花園」の看板が今月(一月)のはじめに撤去されたはずなのに、まだあったからでした。あすなのおじいちゃんが経営する「グリル・さか咲」の二号店がそこに入るから近い未来に撤去されることを知っていたあすなも、それでタイムスリップを信じることになります。

 

が、これだけではタイムスリップの証拠になりません。いつかの義兄が勤務するヒシヌマ工務店がその工事の相談をされていたことから、いつかはそれを知っていた可能性があります。天木が指摘したようにもしかしたら義兄に直接聞いたかもしれないし、その話題を耳にしたかもしれない。いつかの母親は不二芳から同じ高校に行っているあすなの存在を知っていたし、なんならあすなの名前の由来である「翌檜」(明日はなりたいものになろう)を知っていたことからも、あすなの家が洋食屋を営んでいることやその二号店の話が出た可能性はむしろ高い。

 

ドラマの結末

秋口に始まったドラマの結末をいつかはおぼろげながらに知っていました。後で観てた奴からまとめて聞いたという記憶なので、実際に自分で観たわけではないですが。これも判定が難しい。ドラマの結末をなんとなく自分で予想したのかもしれない。その予想を最終回で実際に起きたもの、そしてそれは人から聞いたものと強引に錯覚させたのかもしれない。なんとも言えないんです。

 

甥っ子の名前

三ヶ月後に生まれる姉の子どもに一度会っている記憶もあります。名前は「満塁」と書いて「ミツル」。これは大の野球好きの義兄がしたためていた名前で、それがそのまま名付けられたという記憶が確かにありました。あまりに具体的で平凡な名前でもないため未来の記憶とも取れるのですが、これも義兄から既に聞いていた話からそのまま推測しただけの可能性があります。

そして実際に名付けられたのは「天」と書いて「タカシ」でした。全然ちがうやないか。

 

豊口絢乃と鶴田先輩の記憶

三ヶ月後の未来では、いつかは絢乃と別れて鶴田先輩と付き合っていました。絢乃とその友人たちからは冷たい眼差しや罵声を浴びせられていました。別れた直後に別の女と付き合い始めるのは普通に考えてデリカシーなさすぎますから仕方ないです。が、この絢乃の記憶はいつかの後ろめたさから生まれた想像かもしれない。

 

絢乃は実際は普通に良い子なんだと思います。秀人も椿もとても良い子だと語っていますし、一方的な別れを切り出されたのに健気に「いつかの為になりたかった」とあすかに涙を流すところや、最終的にいつかが年末に呼び出して話をするところにも笑顔で「きちんと話したかったんだってば。私、ただ」といつかの罪悪感を薄めるような発言をするあたり、気遣いのできる子なんじゃないかな。まぁ天木が絢乃のことを好きだという噂を聞いたら、いつかを追いかけることをやめたのは、あれ…いつかへの想いはそこまでだった…? とはなりましたけど…。

 

あと鶴田先輩とはクリスマスイブに一緒に過ごした記憶があるんですよね。過去に戻ってからは付き合ってないのに、触れ合った記憶があるのは得なのか、損なのか、とか何とか言ってましたけど、これも記憶の証明にはならない。

 

結論、やっぱりわからないんです。

秀人の声の力を受けて、いつかの仮定が生み出した想像だった可能性。そして本当にタイムスリップした可能性。どちらも否定できないし、どちらも証明できない。だからわからない。わからない証明終わり。

 

が、本当はタイムスリップは起きていないと思います。朧げで断片的な記憶や想像が将来の記憶を作っただけで、あくまで必死にあすなが死ぬことを仮定して生まれた設定なのかと思います。でも、タイムスリップ、否定したくないんですよね。いつか自身は本気で信じているし、だからこそ本当にあすなを救えた。だからタイムスリップが本当に起きたのだと個人的には信じたいです。いつかの本気の仮定が生み出した超常的なタイムスリップを信じたい。

 

秀人の声は三ヶ月後に本当に気になってる女の子が死ぬと仮定してみてということでした。それ以上でもそれ以下でもない。つまりその女の子を助けるかどうかまでは言ってないんです。だからあすなが死ぬと仮定して、それを迷わず助けたいと思ったいつかの必死の心に、秀人は胸を打たれたんですね。タイムスリップが本当に起きたかどうかはおいとして、死ぬのがわかった一人の女の子を本気で助けようと思ったんです。うん、確かに今回のいつかくんは、なかなか良かったと思うよ。

 

三ヶ月後に死ぬのは結局だれだったのか

自殺するのは河野ではないと思いながら読んでました。なぜなら自殺した人物が「不二芳で育った人物」である点と、「クラスメート」である点がプロローグで既に語られています。河野は最近東京から不二芳に引っ越してきたので、不二芳で育ったわけではないですし、いつかのクラスは三組で、河野は二組なのでクラスメートでもないです。

つまり、この二点を満たしている自殺した人物は、坂崎あすな以外ありえないんです。あるいはいつか本人かもしれないと思いながら読んだりもしましたし、あまりにも河野が自殺してもおかしくないって感じだったから、いや本当に河野なのか…? と混乱しながらだったので最終的に色々騙されました。

 

だって、まさか河野が完全なる芝居だったなんて!!

いじめられる役をあそこまで徹底してあすなを完全に騙せるなんて、河野の演技力ハンパなさすぎませんか? 死ぬのがあすなかもしれないと思っていても、河野のいじめは本当だと思ってました。河野だけでなくて勿論いつか、秀人、椿、天木、そして小瀬友春の演技力もハンパない。ところどころ若干の違和感を抱くシーンはあるんですけど、違和感を流して読ませる辻村深月の文章力に感銘を受けます。

 

いつかとあすなは自殺する人を探す「放課後の名前探し」を始めたので、自殺する人を作り出す必要がありました。そこで天木の発案で、河野がいじめられ役、友春がいじめ役になって、河野がいじめを苦に自殺するという設定を作ったんですね。これね、手が込んでるんですよ。遺書を書くのと自分の自殺記事を書くのが趣味というちょっと常軌を逸した河野の設定なんですが、まぁそれもいじめのはけ口として仕方ないのかもな、くらいに思ってしまいました。く…騙されていた…。

 

体育倉庫に閉じ込められたときも、河野が自殺者だと話すときも、もうみんな演技天才すぎるだろ。特に河野。空に向かって叫んだり、寄ってたかって助けようとするなんてふざけてるとかいうセリフも完璧。あすなだけでなく読者まで騙す演技力ですよほんと。俳優かよ。

 

そして本作は全部読んだ後にもう一度読むと、そうだったのかとスッキリする箇所が何箇所もあります。ぜひ再読をオススメしたいです。僕が気づいた点を挙げます。

 

あすなに自殺したのは誰かと問われたとき(上巻72P)

いつかは最初から死んだのがあすなだと覚えていたので、あすか本人から「自殺したのは誰か」聞かれたとき、まさか「あなたです」なんて言えないものだから極度に緊張してます。うめくように、そしてそれをできるだけ悟られないようにしながらも声を掠らせながら「覚えてない」というんですね。

 

ここ最初読んだときにそこまで違和感なかったのは、タイムスリップしたという信じがたいことを話すのも相手から頭おかしくなったかと疑われそうだし、肝心の自殺した人を覚えていないことで一層疑われそうだから緊張したのかと思ったからですね。何度も書くけどそう感じさせる文章力がすごいと思います。

 

河野の別人のような泳ぎ(下巻P103)

あすなのおじいちゃんが体調を崩してあすなが学校と水泳を休み、その休み明けに行ったプールで河野がまるで別人かのようにすいすい泳いでいました。それもそのはず、河野は最初から泳げたんです。

このとき河野が物凄く挙動が怪しかったのは、いじめの原因として設定された「下手な泳ぎ」の振りをしていたのがバレたのではないかと河野はめちゃくちゃ焦ってたから。とっさにいつかに話を合わせるように「急にコツがわかってあすなを驚かせる計画だったのに見られちゃったね」なんて言ってたのはさすが俳優。

まぁこの水泳も、あすなの心に引っかかっているものを取っ払うために始められたことだったわけですが。

 

友春の校門から神社へのダッシュ、バイク(下巻P56)

友春の「練習」に付き合っている秀人の説明で「空気の抵抗をわざと作るために、制服に着替えてから練習する」とありましたけど、これはさすがに違和感が半端ない。いや制服で練習て。実際にはいつ何どきあすなのおじいちゃんが倒れてもすぐにバイクを持ってこれるように、ダッシュしてタイムを測っていたんですね。そう考えると友春も真面目でいい奴かもしれない。まぁバイト代はバイクを新調できるくらいにはけっこうな額をいつかから貰ったみたいですが。

 

ちなみにこの小瀬友春は、『ぼくのメジャースプーン』に登場するトモです。トモは小学校時代に椿(ふみちゃん)をバカにする真似をして秀人と殴り合いの大げんかをしていました。そのとき秀人の声の力で二度と椿と話せなくなったのですが、それが証拠に本作でも二人が会話している様子はありませんね。

ちなみに『ぼくのメジャースプーン』で小学校時代の品位のない性格を知っていたから、友春ならいじめもしかねないと思いながら読んでいました(僕は実はwikipediaを先に読んで友春がトモだと知っていました)。

 

ついでにいうと、天木も『ぼくのメジャースプーン』に登場するタカシなのですが、このときはサッカーがうまくてめちゃくちゃモテてました。今回みたいに頭が良いという話はなかったというか、むしろ自分がわからない問題があるときは代わりにふみちゃんに答えてもらいたいみたいなわりと人としてどうなのかという一面があったんですけど、まぁ今もだいぶひねくれてますけど、少しは良くなったのかもしれませんね。ただ小学校時代も秀人とトモの喧嘩を止めたりしていたので頼りになる面は今も変わってなさそうです。

 

いつかのバイク免許(下巻P256)

限られた時間の中で、バイクの免許を取るという行動に一度あすなに呆れられていましたが、これは本当はいつかが病院まであすなを送り届けるためのものでした。どうしても免許が必要だったんですね。「どうにか、間に合った」と安堵していたけどいったい何のため? と思ったんですが、最後にようやくわかりました。本当にあすなの自殺を止めるためにお金も時間もかけて、いつかはよく頑張ったと思う。

 

石のスープとは何だったのか(下巻P196、P388)

いつかが学校を休んでまで、あすなのおじいちゃんと二人きりで話したかったことがありました。あすなが25mを泳ぐところをその目でみてほしかったんです。あすなの心にずっと引っかかったままでいる過去の忌まわしい記憶を払拭するために、あすなが泳ぎきる様子をおじいちゃんに見せること。プールに来て欲しい旨を伝えたその帰り際、唐突におじいちゃんは言います。

 

「『石のスープ』を作ろうとしていませんか?」

 

これは、いつかもそうだけど僕も意味がわかりませんでした。

石のスープ? ポルトガルの民話?

いつかも意味深に(あなたは最初から全部、知っているんじゃないですか?)という言葉を飲み込みます。

後からわかるんですが、「石のスープを作る」とは協力者を集めるためのきっかけとして使われるんですね。ここでいう「石のスープを作る」とは「あすなを救うための仲間を集める」だったんだと思います。いつかがあすなを好きでいることを感じたおじいちゃんは、孫のためにここまで尽力してくれるいつかを見てそう思ったんだと思います。

 

というわけで、本当に面白かった『名前探しの放課後』を長々と書きました。本作には『ぼくのメジャースプーン』に出てくる秀人や椿、そして松永だけでなく、『凍りのくじら』の芦沢理帆子や多恵さん、『スロウハイツの神様』のチヨダ・コーキの作品もちらりと出てきて、辻村作品のリンクも楽しめます。また読み直したい一冊です。