BUMP OF CHICKEN

BUMP OF CHICKEN おすすめの人気曲20選

こんにちは、さいちゃん(@saichans_b)です。

BUMP OF CHICKENが大好きな僕です。その心に響く繊細と美しさは「いま優しくされると泣いてしまう」ような心境でそっと泣かせてくれるし、かと思えば自分に自信がない時や強く生きたいと思う時、いつだって背中を押してくれます。どれだけ救われてきただろう、どれたけ助けてもらっただろう。本当に音楽の偉大さを教えてくれるバンドです。

そんなバンプの数々の楽曲の中でも、ファンの人気の高いおすすめの曲を20曲選んでみました。あまりバンプを知らない人だったり、しばらく離れている人はぜひ聴いてみてください、ハマること間違いなしの名曲揃いです。

BUMP OF CHICKEN おすすめの人気曲20選

 

①ガラスのブルース

1stアルバム『FLAME VEIN』収録。また14枚目シングル『メーデー』のカップリングに「ガラスのブルース(28 years round)』が収録されている。

ボーカル藤原基央さん(以下藤くん)が初めて歌詞を日本語で書いた曲で、バンドにとっても特に思い入れのある曲なのでしょう、結成20年以上経つ今もライブでよく(特にアンコールで)歌われています。「生まれてきたことに意味があるのさ 1秒も無駄にしちゃいけないよ」と精一杯強く歌うその歌詞とメロディーが響きます。

あぁ僕の前に暗闇が 立ち込めても

あぁ僕はいつも精一杯 唄を唄う

この曲はまさに彼らの原点の曲。ちなみにバンプの曲は「○○の唄」というように「歌」ではなく「唄」の字が使われますね。

 

②K

2ndアルバム『THE LIVING DEAD』収録。

藤くんはよくストーリー性のある歌詞を書いていて、一曲の中で完結する物語の代表曲ともいえるのがこの『K』です。忌み嫌われた黒猫を救った売れない絵描きの物語。ぜひ歌詞を追いながら曲を聴いてください。最後まで聴いてわかるタイトル『K』の意味に涙します。

 

③ラフ・メイカー

2枚目シングル(メジャーデビューシングル)『ダイヤモンド』カップリング曲。アルバム『present from you』収録。

笑顔にしてくれる者「ラフ・メイカー」。涙で濡れた男の部屋に突然やってきたラフ・メイカー。男がそんなもん呼んだ覚えはないと拒否しても「それだけが生き甲斐なんだ 笑わせないと帰れない」としつこく部屋に入ろうとするラフ・メイカー。

冷静に考えればどう考えたってヤバい奴だし現実にこんな状況だったら絶対に部屋に入れちゃダメですが、この曲に関しては大丈夫。最後まで聴いてほっこり笑わせてくれます。

 

④天体観測

BUMP OF CHICKEN「天体観測」スペシャルMV

3rdアルバム『jupiter』収録。3枚目シングル。

バンプの中で一番有名な曲じゃないでしょうか、『天体観測』。2002年に放送された伊藤英明主演のドラマ『天体観測』の挿入歌であり、ドラマはこの曲から着想を得たそうです。

アップテンポに歌われるその歌詞は実は切なくて、午前二時に君はもう来なくとも、思い出を胸に刻んで追いかける「イマ」というほうき星。踏切を「フミキリ」、今を「イマ」と綴る謎のカタカナ節、これこそがBUMP OF CHICKENなんです。

 

⑤スノースマイル

4thアルバム『ユグドラシル』収録。5枚目シングル。

言わずと知れた冬の名曲『スノースマイル』。とりあえず寒い日には「冬が寒くって 本当に良かった」と言っとけばオールオッケーです

この曲の何がいいって冬がくると必ず脳内に流れることで、そして冬が寒くても、いや冬は寒いからこそいいんだって思えることです。しかしそれは「君の冷えた左を僕の右ポケットにお招きするためのこの上ない程の理由になるから」ってことを言えるくらいの「君」がいればの話で、そんな相手がいない場合はこの上ない程の極寒が訪れることでしょう、ある意味冬が憎くなる可能性がありますのでご注意を。

 

⑥ロストマン

4thアルバム『ユグドラシル』収録。6枚目シングル。

久しぶりに聴くと「な、なんていい歌詞なんだ…」と震えてしまう曲NO1『ロストマン』。作詞だけで約9ヶ月もかかった曲。迷いながらも強く一歩目を踏み出そうとする決意の曲、いつだって背中を押してくれます。2019年に箱根駅伝のCMで流れてたんですよねこれ、思わず興奮しちゃいましたし、涙が出そうになったことを覚えてます。

 

⑦オンリーロンリーグローリー

4thアルバム『ユグドラシル』収録。8枚目シングル。

「そしてその身をどうするんだ」から始まるって最高にカッコよくないですか?いきなり「そして」ですよ?そしてカッコいいですよ本当にこの曲。藤くんの名言がいっぱい詰まってる。

選ばれなかったなら 選びにいけ

ただひとつの栄光

この歌詞が特に僕には刺さりました。頑張ろうと思える曲。

 

⑧車輪の唄

4thアルバム『ユグドラシル』収録。9枚目シングル。

イントロから最高。車輪とは自転車の車輪。遠くに行ってしまう彼女を送り届ける自転車の車輪。「おととい買った大きな鞄 改札に引っ掛けて通れずに君は僕を見た」「目は合わせないで頷いて頑なに引っかかる鞄の紐を 僕の手が外した」等々歌詞の描写がやけに具体的で登場する二人の景色が見えてくるよう。

二人を分かつ電車のドアを「何万歩より距離のある一歩」と表現するのは本当に天才。情景が浮かぶ切ない青春を感じる曲です。

 

⑨supernova

5thアルバム『orbital period』収録。11枚目シングル。

個人的に藤くんの歌詞で一番名言だと思っているのがこの曲にある「本当のありがとうはありがとうじゃ足りないんだ」という言葉。初めて聴いた時、耳から全身に染み渡ったあの感覚。素敵な言語化でした。優しい人にしか生み出せない言葉だと思います。優しいメロディーと優しい歌声が響く名曲です。

 

⑩涙のふるさと

5thアルバム『orbital period』収録。12枚目シングル。

「探さなきゃね君の涙のふるさと 頬を伝って落ちた雫がどこから来たのかを」から始まるんですよ、何これ泣ける。涙のふるさとをさがさなきゃね??どこからその言葉出てくるの本当に??この曲がipodから流れてくると油断すると泣いちゃうと思います、涙のふるさと探しに来てもらいたいです。

 

⑪メーデー

5thアルバム『orbital period』収録。14枚目シングル。

この曲のメーデーの意味は船や飛行機が遭難したときに使われる「救難信号」です。助けを求めているのは「君」。深い心の底に君が沈めた「君」を救いにいくんです、自分を見失って自分を嫌いになってしまった「君」を。

苦しさと比例して 僕らは近づける

再び呼吸をする時は君と一緒に

メーデー

 

⑫HAPPY

BUMP OF CHICKEN『HAPPY』

6thアルバム『COSMONAUT』収録。16枚目シングル。

HAPPYはサビが印象的で、初めて聴いてから10年経つけど今も時々思い出します。

「悲しみは消えるというなら 喜びだってそういうものだろう」

「終わらせる勇気があるなら 続きを選ぶ恐怖にも勝てる」

 

⑬魔法の料理〜君から君へ〜

6thアルバム『COSMONAUT』収録。17枚目シングル。

自分のことではないのに、まるで自分の幼少期を歌われているんじゃないかと思う感覚。「叱られた後にある晩御飯の不思議」「正義のロボットの剣」「基地ができるまで帰らない様な」…ほんとこれ僕のことじゃないですかね藤くん?って言ってしまいそうになる感覚。

君の願いはちゃんと叶うよ 怖くても よく見てほしい

これから失くす宝物が くれたものが今

宝物

もうだめだ書きながら泣いちゃう。

 

⑭ray

BUMP OF CHICKEN「ray」

7thアルバム『RAY』収録。

バンプが初めてMステに出た時に披露した曲であり、さらに2015年の紅白初出場時に歌われた曲でもあります。シングルではないのが驚きですが、アルバムのタイトルになった曲はrayが初めて。

○×△どれかなんて 皆と比べてどうかなんて

確かめる間もない程 生きるのは最高だ

そうだ、生きるのは最高だ。生きることを前向きにさせてくれる曲。

 

⑮友達の唄

BUMP OF CHICKEN『友達の唄』

7thアルバム『RAY』収録。19枚目シングル。

映画『ドラえもん 新・のび太と鉄人兵団 〜はばたけ 天使たち〜』主題歌。

優しい曲が聴きたいと思った時にこの曲をチョイスすることが多いです。これは「のび太の曲でしかない」と藤くんは言うんですけど、曲名からも自分の友人に重ねて聴いてしまう。最後の「ともだちぃいいでしょう」と強く歌い上げるところ好き。

 

⑯ゼロ

7thアルバム『RAY』収録。21枚目シングル。

プレイステーションポータブル『ファイナルファンタジー零式』主題歌。これFFシリーズやったことはわかると思うんですけど、めちゃくちゃFFっぽいんですよ、ていうかもうだからこそFF主題歌なんですけど、さすがバンプ…。

終わりまであなたといたい それ以外確かな思いが無い

ここでしか息ができない 何と引き換えても守り抜かなきゃ

この歌詞は恋人に重ねて聴くともう素敵すぎませんか、生涯の伴侶宛てですよこれは。

 

⑰グッドラック

7thアルバム『RAY』収録。22枚目シングル。

映画『ALWAYS 三丁目の夕日’64』主題歌。ちなみに前作『ALWAYS 続・三丁目の夕日』の主題歌『花の名」もバンプが担っているんですがそちらも超名曲です。

優しく語りかけてくれているような、まさにグッドラック(がんばれ)と言ってくれているような、自分の進む道に迷った時や疑った時に聴きたい応援ソング。

 

⑱記念撮影

HUNGRY DAYS × BUMP OF CHICKEN 「記念撮影」フルバージョン

9thアルバム『aurora arc』収録。配信限定9thシングル。

日清カップヌードル「HUNGRY DAYS アオハルかよ。」テレビCMソング。漫画『ワンピース』のキャラが高校生で登場する青春の物語、そこに流れる『記念撮影』が最高すぎる。

想像じゃない未来に立って

僕だけの昨日が積み重なっても

その昨日の下の 変わらない景色の中から

ここまで繋がってる

 

⑲話がしたいよ

BUMP OF CHICKEN「話がしたいよ」

9thアルバム『aurora arc』収録。25枚目シングル。

映画『億男』主題歌。Mステでも披露された曲です。てかこのPV全員39歳の時なんですけど若すぎませんかこれ。藤くんのイケメンっぷりこれでもかってくらい出てますよほんと。

「ボイジャーは太陽系外に飛び出した今も 秒速10何キロだっけ ずっと旅を続けてる」と急に出てくるんですけど、そういうこと、急にふと思い出したようなことを君がここにいたら話がしたいよと歌うんです。ちなみにボイジャーとは1977年に打ち上げられた米国の無人木星・土星探査機のこと。

歌詞もまるでガムを噛んでバスを待っている間に考えた様な、そんな日常的な雰囲気が好きです。

 

⑳Spica

BUMP OF CHICKEN「Spica」リリックビデオ

9thアルバム『aurora arc』収録。25枚目シングル。

アニメ『重神機パンドーラ』エンディング主題歌。これもまた本当にやさしい曲。徹頭徹尾やさしい。

涙には意味があっても

言葉に直せない場合も多くて

こぼれたら受け止めるよ

そうすれば何故か ちゃんと分かるから

藤くーーーーーーーーーーーん!!!!

涙こぼれたら受け止めるよ、か…言ってみてえ…。かっこよすぎるでしょ…。

 

というわけで20曲でした。これで友人から「バンプ知ってる?」とか聞かれても「もちろん、○○とか好き」って余裕で言えますよね。他にもまだまだ名曲はありますので、近いうちにまた紹介していこうと思います。どんどんバンプのことを好きになってくれたら嬉しいです。

▼ツイッターやってます。